アーデント住吉参番館のコンセプト

優しさと高貴な印象と落ち着きのある重厚感をキーワードに、外観には、どこか木肌のぬくもりを意識させるアースカラーを採用。その絶妙なコントラストと縦のラインを強調した秀逸なデザインは、永住の地に暮らす人々のプライドを満たしてくれます。

異素材が奏でるエントランスの美と粋。

小粋な木調の格子や、上品な印象を与える玉砂利の洗い出しなど、日本の建築美をバランスよく取り入れたエントランスホール。大きなガラス壁から自然光を取り入れ、ゆとりと広がりを表現。和モダンな風情に魅了される、迎賓にふさわしい空間に仕上げました。

憩いが薫る、午後のティータイム空間。

リビングのコンセプトは、「カフェのように居心地のよい空間。」白を基調にウッドカラーの濃淡で遊び心とアクセントをプラス。お友だちを招いて、おうちで過ごす午後のティータイムが定番になる。ナチュラルなおもてなしに心和む、幸せの原風景がここにあります。

優しい団欒が生まれる、自然の法則。

光と風が、家族との関係性をゆるやかに結んでくれるリビング。大きな開口部からの自然光に包まれる朝は、穏やかな一日の象徴。「ただいま」と帰ってきた瞬間も、家族と食卓を囲むひとときにも、心まで澄みわたるような、優しい団欒風景が流れてゆきます。